栗の渋皮煮

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

IMG_9695

3連休の中日は雨模様だったので、自宅でゆっくり渋皮煮を作っていました。

実家の畑に栗の木があって、毎年母親が渋皮煮や栗ごはんを作ってくれていたのですが、
今年は初めて自分で作ってみました。

うまくいくか不安でしたが、初めてにしては納得いく出来になったので安心です。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

栗の渋皮煮

材料
栗:鬼皮を剥いた状態で重量計測
砂糖:栗の35%
重曹:栗の1%✕3回分
(今回は、栗400g、砂糖140g、重曹4g✕3で行いました)

下準備
栗は水洗いし、80度ほどのお湯につけておく。人肌まで冷めたら、鬼皮をむく。

作り方
1.鍋に、栗・重曹・水を入れ、弱火で15分煮る。(水は栗が浸るくらいの量です)
2.1の栗を優しく水洗いし、再度鍋に栗・重曹・水を入れ、弱火で15分煮る。
3.2の栗を優しく水洗いする。つまようじ等を用い、栗の黒い筋を取り除く。余分な渋皮などは指の腹で優しくこすり取る。
4.3の栗を鍋に入れ、重曹・水を入れ15分煮る。
5.4の栗を優しく水洗いする。
6.鍋に栗・半量の砂糖・水を入れ、落し蓋をし、弱火で15分煮る。火を止め粗熱をとる。
7.6に残りの砂糖を入れ、落し蓋をし、弱火で15分煮る。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

保存容器などに入れ、冷蔵庫で1週間ほど保存できます。たくさん作って冷凍するのもおすすめです。
栗は乾燥すると、割れやすくなってしまうので、常に水に浸かっている状態を保つようにするのがポイントです!

甘さ控えめにすることで、おやつにもお酒のおつまみにも☆

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク